「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

丸の移籍でどうなる セ・6球団「センターライン」の充実度は?

2019 2/9 11:00青木スラッガー
丸佳浩,ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

センターライン完成が遠いのは……

強いチームをつくりあげるには「まずはセンターラインから」とよく言われる。二塁手・遊撃手・中堅手・捕手からなる守備の要。ちょっとやそっとでは揺るがないレギュラーがいることが理想だ。今季のセ・リーグ6球団のセンターラインはどのような形になりそうか、各球団の状況をみていきたい。

まずは、昨季課題があったチームから。センターラインの顔ぶれが不透明なのは順位もBクラスだった阪神とDeNAだろう。

阪神は遊撃手と中堅手のレギュラーが不在。遊撃手は北條史也、俊足の植田海、新入団の木浪聖也、再コンバートの鳥谷敬と候補がひしめいており、突き抜けられる選手が出てきてほしい。中堅手は中谷将大ら主な候補が不調で、昨季は本職一塁手のナバーロが守ることもあるような状況だった。そこで快足の社会人ナンバーワン外野手の近本光司をドラフト1位指名。「赤星2世」との呼び声高い新戦力に期待が高まっている。

DeNAは二遊間を固定できず。昨季の主な二遊間はFA加入の大和、柴田竜拓、倉本寿彦、石川雄洋、ソトといったところ。大和は守備、ソトは打撃が抜群だが、攻守両方を持ち合わせた選手が不足している。課題を克服し、プレーヤーとしての持ち味を最大限に活かしたい。

おすすめの記事