「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

外国人選手にも「2年目のジンクス」が? ソト、ガルシア、ボルシンガーらの2年目は?

2019 2/11 11:00青木スラッガー
野球ボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨季はあった外国人選手「2年目のジンクス」

プロ野球の春季キャンプも中盤に入り、戦力分析や順位予想が盛り上がっているが、各チームの戦力を大きく左右するのが、「新外国人」選手の存在だ。今季のビッグネームといえば、台湾リーグで打率4割を達成した王柏融(日本ハム)や、昨季パドレスで20本塁打を放ったビヤヌエバ(巨人)などの名前があがる。

彼らは、チームの弱点を補うために獲得されており、その活躍次第でチーム力が一変する可能性もある。評判通りのプレーを見せられるのか、オープン戦から見逃せない存在だ。

その一方で気にしておきたいのが、今季“2年目”を迎える外国人選手である。単年契約が基本の外国人選手において、2年目を迎えられたということは、1年目に良い結果を残したということ。だが、2年目も成績をキープできるとは限らない。印象的な活躍を見せた選手ほどオフの間に研究され、対策を練られ、弱点をあぶり出されることになるからだ。

昨季はそういった2年目助っ人の不振が両リーグで目立った。2017年中日に加入したゲレーロは、35本塁打を放って本塁打王に輝いた。しかし、大型契約で巨人に移籍した昨季は打率が低迷し、あまり出場機会をもらえず82試合・15本塁打にとどまった。巨人では、2017年に29セーブをあげたカミネロも昨季は防御率5.79と不振に終わり、シーズン終了後に自由契約となってしまった。

セ・リーグでは2017年に10勝を挙げたウィーランド(DeNA)も昨季は4勝9敗・防御率4.99で退団。パ・リーグではロメロ、マレーロ(オリックス)が打率急降下と、それぞれ1年目の活躍から打線・投手陣の核として計算されていただけに、チームにとって大きな誤算となった。

おすすめの記事