「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

川端・大引に2年目村上が挑む 注目のヤクルト三塁手争い

2019 2/6 11:00青木スラッガー
野球ボール,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

注目のヤクルト三塁手争い

キャンプインを迎えオープン戦開幕を控えたこの時期の関心事といえば、各球団のレギュラー争いだ。絶対的なレギュラーがいないポジションの開幕スタメンはどうなるのか、選手たちの状態が気になる。

今回は、ヤクルトの三塁手争いに注目したい。将来の4番候補、ひいては球界を代表するスラッガーとなることを望まれ、二軍で英才教育を受けてきたホープが、いよいよ定位置奪取をかけて実績豊富なベテラン勢に戦いを挑む構図になっている。

昨季のヤクルトの三塁手スタメン最多出場は、川端慎吾の62試合。川端に次ぐのは30試合の大引啓次。プロ入り以来3球団で遊撃手を守ってきた大引だが、昨季は5年目の西浦直亨がレギュラーを掴み、押し出される形で三塁へ回っている。

大引は下半身のコンディション不良で開幕に出遅れ、47試合の出場にとどまったものの、136打席で打率.350・5本塁打と打撃は好調だった。一方、川端は334打席で打率.259・3本塁打と、まだ打撃面では完全復活に至らず。コンディション不良などによる離脱もあり、終盤戦は復帰した大引が出場機会を増やしている。

それぞれ、これまでレギュラーとして活躍してきた期間は長く、併用で満足する選手ではないだろう。実績のある選手同士で熾烈なポジション争いが予想されるが、さらに今季2年目のドラ1・村上宗隆も、そこに割って入ってくることになりそうだ。

おすすめの記事