「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

巨人では大舞台に強かった長野・内海 若いチームで貴重な「日本一」経験者

2019 1/12 07:00青木スラッガー
ヘルメット,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

貴重な「日本一」経験者

衝撃的な結末となった巨人の人的補償2人。FA加入する炭谷銀仁朗の補償で内海哲也が西武に、丸佳浩の補償で長野久義が広島に移ることとなった。

内海はエース菊池雄星が抜けた先発ローテーションの一角、長野は丸に代わる外野手・中軸打者として、それぞれチームのウィークポイントを埋める救世主となれるのかに注目される。戦力的な面だけでなく、ここまで中心選手として巨人を引っ張ってきた「経験」も、若手が主体の西武・広島にとっては大きな財産となるだろう。

広島は大ベテランの新井貴浩が引退し、エルドレッドも退団。今季で35歳を迎える長野は、石原慶幸や赤松真人に次いでチーム内3番目の高齢野手となる。一方、37歳を迎える内海は西武で最年長だ。新天地では「外様」という立場になるが、巨人でも若手に慕われる姿が印象的だった2人にはリーダー的な役割が期待される。

もうひとつ注目したいのが、ベテラン2人が持つ「日本シリーズを制した経験」だ。生え抜きが戦力の大半を占める広島には、日本一経験のある選手が昨季途中加入の曽根海成、今オフ加入の菊池保則の2人しかいない。2008年の日本シリーズで巨人を破った西武も、当時から主力メンバーだった野手の中村剛也と栗山巧は残っているが、投手陣の日本一経験選手はゼロである。

昨年はリーグ王者に立つも、ポストシーズンで涙を飲んだ西武と広島。対して両チームを倒したソフトバンクは2011年以降で5度目の日本一となった。経験の面でソフトバンクにはアドバンテージがあるが、そこに立ち向かっていくにあたり頂点を知る選手の加入は大きく、内海・長野の両選手共に大舞台での強さは十分だ。

おすすめの記事