「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

王、浅村、松田? 2019年各チームのキーマンはだれだ?【パ・リーグ編】

2019 1/10 11:00勝田聡
野球ボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

西、金子が抜けたオリックスは山岡泰輔に期待

【オリックス:山岡泰輔(投手)】

オリックスは2019年から西村徳文監督が指揮を執るが、西勇輝、金子千尋(現・金子弌大)とふたりのローテーション投手が退団となり、苦しい船出となった。そのなかで期待したいのが3年目を迎える山岡泰輔だ。2018年は不振もあり一時的に先発から外れ、中継ぎも経験した。その成果なのか終盤戦では自身初の完封勝ちも収め、みごとに甦った。2019年はエース格の投球に期待したい。

<2018年成績>
山岡泰輔
30試合/7勝12敗/146回/奪三振121/与四球49/防御率3.95

【ロッテ:井上晴哉(内野手)】

ロッテに待望の大砲候補が誕生した。「アジャ」こと井上晴哉だ。井上は大砲候補と期待されながら、ここまでの4年間で放った本塁打は4本と苦しんだ。しかし、昨季はキャリアハイを大きく更新する24本塁打を放ち、4番に定着。この井上の躍進は5位と低迷したなかで、数少ない明るい話題でもある。

この勢いを1年で終わらせることなく、継続してこそ強打者への道が拓かれる。2019年も同様の活躍を見せ、チームを上位に導きたい。

<2018年成績>
井上晴哉
133試合/打率.292/24本塁打/99打点

【楽天:浅村栄斗(内野手)】

2018年シーズンの楽天は大きく苦しんだ。6月半ばには梨田昌孝監督が辞任し、その後ジャフェット・アマダーに禁止薬物の使用が発覚。順位は最下位となってしまった。しかし2019年いや、このオフから石井一久氏をGMに据え、大きく生まれ変わろうとしている。なんといっても浅村栄斗を獲得が大きい。主軸を打てる二塁手の加入で打線は大幅に強化された。後ろを打つ打者の成績も重要だが、まずは本人が結果を出さなければ始まらない。新天地での浅村に期待したい。

<2018年成績>
浅村栄斗
143試合/打率.310/32本塁打/127打点

おすすめの記事