「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

王、浅村、松田? 2019年各チームのキーマンはだれだ?【パ・リーグ編】

2019 1/10 11:00勝田聡
野球ボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾の「大王」こと王柏融には日台が注目

2018年のパ・リーグは西武が「山賊打線」の圧倒的な攻撃力で、10年ぶりにリーグ優勝を果たした。しかし、クライマックスシリーズでは2017年の覇者であるソフトバンクに敗れ、日本シリーズへの出場は叶わなかった。今季は互いに打倒を目指すこととなる。

その他の4球団も「打倒西武」、「打倒ソフトバンク」だ。そのなかで2019年のキーマンは誰になるのか探ってみた。

【西武:多和田真三郎(投手)】

西武はエース格の菊池雄星がMLBのマリナーズ移籍で退団。さらに浅村栄斗、炭谷銀仁朗がFA宣言で移籍と戦力の流出が大きかった。そのなかで注目したいのが多和田真三郎だ。

大卒4年目となる2019年は消去法ではあるもののエース扱いされることは間違いない。2018年も16勝をマークしているが、打線の援護があってのものだった。2019年、多和田に大きな打線の援護がなくとも勝ちがつくような投球ができれば、2連覇も夢ではない。本当の意味での「エース」になれるか注目したいところだ。

<2018年成績>
多和田真三郎
26試合/16勝5敗/172.2回/奪三振102/与四球47/防御率3.81

【ソフトバンク:松田宣浩(内野手)】

日本一2連覇を達成したソフトバンクだが、ペナントレースでは西武に敗れ2位でシーズンを終えている。2019年はリーグ制覇からの日本シリーズ3連覇が目指であることは言うまでもない。

そこでキーマンとなりそうなのが、三塁の松田宣浩だ。これまで攻守ともに存在感を発揮してきた松田だが、2018年終盤は不振でスタメンを外れる機会もあった。松田も2019年は36歳となる。「世代交代」を考えると、そろそろ後継者の育成が必要になってくる時期だ。

松田自身が成績を残すことも大事だが、後継者のメドを立てたいシーズンとなる。工藤公康監督がどのように起用していくのかが大きなポイントとなりそうだ。

<2018年成績>
松田宣浩
143試合/打率.248/32本塁打/82打点

【日本ハム:王柏融(外野手)】

このオフに日本ハムは大きな補強を行った。そのひとりが台湾球界のスーパースターであり「大王」と呼ばれる王柏融だ。左の強打者として大きな期待がかかっている。左翼もしくは指名打者として出場することが濃厚となっており、求められるのは打撃成績。近藤健介、中田翔とともに主軸に座ってもおかしくない数字を出すことが最低条件だろう。

入団時にはイチロー(マリナーズ会長付き特別補佐)を引き合いに出されていたが、圧倒的な成績を残すことができるだろうか。

<2018年成績>
王柏融
(台湾)118試合/打率.351/17本塁打/84打点

おすすめの記事