「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大型補強がなかったDeNAは既存戦力の底上げで今季に臨む

2019 1/7 11:00勝田聡
東克樹,ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

先発陣の不振で4位に低迷

一昨年のDeNAはペナントレースで3位ながらクライマックスシリーズ(CS)を勝ち抜き、日本シリーズへと出場を果たした。その中心メンバーは残り、なおかつ、守備の名手である大和を阪神から補強。また、即戦力左腕として呼び声の高かった東克樹をドラフト1位で獲得し、上位争いを期待されていた。

しかし、ことはそううまく運ばない。開幕から6試合で1勝5敗とスタートダッシュに失敗。その後、8連勝で盛り返し、3月・4月は13勝11敗で2つの貯金を作り上昇気流に乗ったかのように見えた。だが、5月は五分だったものの、6月から3カ月連続で月間負け越しを喫してしまう。その結果、最終盤まで3位以上の可能性は残っていたが、追い上げはかなわずCS出場を逃した。

DeNA成績表

ⒸSPAIA

各数字を見ると、181本塁打はリーグトップ。本塁打王を獲得した、ネフタリ・ソト(41本塁打)、日本の4番・筒香嘉智(38本塁打)、宮﨑敏郎(28本塁打)、ホセ・ロペス(26本塁打)と20本塁打超えカルテットの破壊力は抜群だった。一方でチーム打率.250、572得点はともにリーグ最下位。本塁打以外で得点を積み重ねることができなかった。

投手陣では規定投球回に到達したのが新人の東ひとりだけ。石田健大、今永昇太、濵口遥大といった左腕は軒並み苦しんだ。先発陣の不振は深刻で「7回の男」として開幕した井納翔一も最終的には先発に配置転換されたほど。

8回、9回を投げるスペンサー・パットン、山﨑康晃そして三嶋一輝、三上朋也、砂田毅樹といった中継ぎ陣は揃っていただけに、ローテーション投手陣が誤算だった。

おすすめの記事