「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

松坂大輔、久保裕也…崖っぷちから戻ってきた投手は強い!

2019 1/8 11:00勝田聡
松坂大輔
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

松坂大輔、久保裕也と松坂世代のふたり

2018年シーズンに復活を遂げた選手といえば、やはり松坂大輔(中日)の名前があがるだろう。

2015年にMLBから日本復帰を果たし、ソフトバンクへと入団する。しかし、西武時代に見せた投球どころか、一軍での登板さえままならなかった。3年間在籍したソフトバンク時代、一軍での登板は2016年の1試合のみ。それも、順位争いに関係のないシーズン最終戦だった。ほぼノープレッシャーでの登板にもかかわらず、1回5失点(自責2)と散々な内容に終わっている。翌2017年は一軍登板することはできず、オフに退団。その後、入団テストを受け中日入団を果たした。

2018年シーズンの松坂は6勝4敗と最下位のチームながら2つの勝ち越し。カムバック賞を受賞した。試合での投球以外にも若手選手の手本となり、その他にもグッズ売上や観客動員といった部分でもチームに好影響をもたらしている。まさに「平成の怪物」が崖っぷちから蘇ったのだ。

今シーズン蘇ったのは松坂だけではない。同じ「松坂世代」の久保裕也(楽天)も躍動した。久保は2015年に巨人、2016年にDeNA、昨年は故障もあり楽天でそれぞれ戦力外通告を受けていた。すなわち、3年連続で契約更改ができなかったのである。

しかし、楽天と育成契約を締結し直して臨んだ2018年シーズン。久保はシーズン中に支配下登録を勝ち取り、25試合で防御率1.71を記録しみごとに復活。4年連続の戦力外通告を回避し、しっかりと2019年シーズンの契約更改を果たしている。

契約更改の席では「松坂世代最後のひとりまでやりたい」と力強い発言も見せ、2019年以降への意気込みも十分だ。

おすすめの記事