「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2018年は岡本和、山本由が大ブレイク 今季は大山悠、高橋奎らに期待

2019 1/9 15:00勝田聡
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

岡本和真、山本由伸が大ブレイク

2018年シーズンを振り返ると、「活躍するであろう」とされていた選手がしっかりと結果を残した。

投手では菅野智之(巨人)が序盤に苦しみながらも、終わってみれば2年連続で沢村賞を受賞し、侍ジャパンの守護神でもある山﨑康晃(DeNA)が最多セーブを獲得した。野手に目を向けると、山田哲人(ヤクルト)が3度目のトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁以上)を達成し、柳田悠岐(ソフトバンク)が首位打者を獲得。

その他にも秋山翔吾(西武)、坂本勇人(巨人)、鈴木誠也(広島)、丸佳浩(広島)、岸孝之(楽天)……と実績のある選手が期待にたがわず結果を残し、チームを引っ張った。

その一方で開幕前には想像もつかなかったような大ブレイクを果たした選手もいる。たとえば岡本和真(巨人)。2018シーズン4年目の若き大砲候補は開幕スタメンを勝ち取ると、そのまま結果を残し打率.309、33本塁打、100打点でフィニッシュ。史上最年少で3割30本塁打100打点を獲得し、オフには日本代表にも選ばれている。

投手では高卒2年目の山本由伸(オリックス)が54試合、4勝2敗、1セーブ、32ホールドとセットアッパーとして開花。チームは4位となってしまったが、そのなかでも明るい話題となった。

おすすめの記事