「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高卒2年目の長距離砲・清宮、安田、村上の前に立ちはだかるのは?

2019 1/9 11:00勝田聡
清宮幸太郎
このエントリーをはてなブックマークに追加

安田は三塁で主将の鈴木大地に挑む

近年のロッテは高校生の有望株をドラフト1位で獲得し続けている。2015年の平沢大河(仙台育英高)、2017年の安田尚憲(履正社高)、そして2018年の藤原恭大(大阪桐蔭高)だ。なかでも注目を集めているのが安田である。

井口資仁監督も安田には大きな期待を寄せており、新人王の資格が残るように60打席ちょうどで2018年シーズンを終えさせた。

オフシーズンもWBSC U-23ワールドカップでMVPを受賞。アジア・ウインターリーグでも打率3割を超える活躍を見せている。2018年のロッテは井上晴哉が覚醒した。そして2019年に安田がレギュラーを獲得すれば、「右の井上、左の安田」と左右の大砲が揃うことになる。

2019年シーズンから本拠地・ZOZOマリンスタジアムが狭くなることも安田にとっては朗報だ。三塁は主将でもある鈴木大地が守っている。主将からポジションを奪うほどの大爆発に期待したい。

おすすめの記事