「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高卒2年目の長距離砲・清宮、安田、村上の前に立ちはだかるのは?

2019 1/9 11:00勝田聡
清宮幸太郎
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

清宮のライバルは中田か王か近藤か

超大物ルーキーとして常に注目を浴びていた清宮幸太郎。2018年シーズンは打率.200、7本塁打、18打点と高卒1年目としては上出来の数字を残した。2019年シーズンは本格的にレギュラー争いを繰り広げることに期待がかかっている。

清宮は一塁、左翼、指名打者としての起用が既定路線だ。現時点では一塁に中田翔、左翼は大田泰示や台湾の「大王」こと王柏融らがライバルとなる。もしくは指名打者の枠に清宮が収まることも考えらる。2018シーズン指名打者で多く起用された近藤健介は右翼との併用だった。また、退団となったブランドン・レアードの守っていた三塁に回る可能性もある。

清宮は本職の一塁も中田と比べると明らかに劣り、左翼の守備もまだまだ不安定。高卒2年目と若い清宮ではあるが、守備を考えると指名打者で起用し中田や王の休養時に守備につく。そういった起用法もありえるだろう。

仮に指名打者での起用となれば、求められる打撃成績の期待値は当然大きくなる。チーム内のライバルたちを凌ぐ成績を残し、2年目からレギュラー獲得となるだろうか。2019年も清宮の動向には注目していきたい。

おすすめの記事