「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

西武の山川・多和田ら躍進続く沖縄出身選手 「大成しない」ジンクスを払拭できるか

2019 1/3 07:00青木スラッガー
山川穂高,ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

沖縄出身選手は大成しない?

「沖縄出身選手は大成しない」とは、よく聞かれる球界のジンクスだ。

これまで決して大成した選手がいなかったわけではない。安仁屋宗八は通算119勝。伊良部秀輝も日米通算106勝を挙げ、打者では石嶺和彦が通算1419安打・269本塁打を放っている。それでも「大成しない」と言われてしまっているのは、出身選手の多さゆえのことだ。

今季の開幕時点、沖縄出身の選手は12球団で30名いた。ほかは大阪79人、東京43人と、もっと多いところはある。しかしそれぞれ都道府県人口のおよそ何人に1人がプロ野球選手になっているのかというと、沖縄4万9000人、大阪11万2000人、東京31万7000人となる。

沖縄の割合は圧倒的で、まさに野球王国である。人材の豊富さのわりに、超一流まで登りつめる選手は少ないという印象がぬぐい切れないのだ。

また近年ではプロ入り2年目から3年連続2桁勝利を挙げたが、その後は故障に苦しんだ新垣渚など、高い素質を持った選手でも、長期的に活躍できなかったケースが多いのは事実である。

では、現役選手たちはどうだろうか。今の球界は、沖縄出身選手の躍進が非常に目立っている。

おすすめの記事