「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

選手分析「トップバッター“虎の巻”」~阪神 #33 糸原 健斗~

野球ボールⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

苦戦の中、輝きを放った糸原

2017・18年:打撃成績

17年ぶりの最下位に沈んだ阪神。苦戦が続いたチームで、輝きを放った選手の一人が糸原健斗だろう。2年目の今季は主に1番打者として打線をけん引し、チーム唯一の全試合出場を果たすなど、飛躍のシーズンとなった。今回は、虎の新星にスポットを当ててみよう。

2018年セ・リーグ:四球ランキング

今季は出塁率.390を記録した糸原。その要因は、強打者もいる中でリーグ4位となった四球数にある。

長距離打者は相手に長打を警戒されることでボールゾーン中心の配球になる傾向があり、結果として四球も増えやすい。今季も広島・丸を筆頭に30本塁打をクリアした選手が上位にランクインしているが、糸原の本塁打は1本のみ。

また、69年にわたるセ・リーグ史を振り返っても、糸原の86四球はシーズン5本塁打以下の選手で史上最多となっており、異質な存在といえる。

おすすめの記事