「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

背番号だけではない巨人の大シャッフル 三塁岡本、捕手阿部、FA戦士も…

2018 12/25 07:00青木スラッガー
阿部慎之助,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

背番号変更の山口俊と吉川光夫に期待される役割

原辰徳監督が来季4年ぶりに復帰する巨人は、“異例”ともいえる背番号の大シャッフルを行った。

再契約となった上原浩治がメジャー挑戦前の「19」に戻り、入団以来その番号を受け継いでいたエース菅野智之が「18」に変更。上原が今季つけていた「11」を山口俊がもらい、引退した山口鉄也の「47」が吉川光夫に。ほかにゲレーロが加入する中島宏之に「5」を譲るなど、計17人もの選手が新たな背番号で来季へ臨む。

背番号の変更には様々な目的がある。それぞれ90番台だった田口麗斗が「28」、メルセデスが「42」と若い番号に変わったのは、“出世”という意味合いが強いだろう。

一方、山口俊と吉川光の背番号変更には、原監督が期待している役割のメッセージのように受け取れる。

今季は夏場まで先発ローテーションを務めた後、終盤でリリーフに回った山口俊は、来季は先発に戻る見込み。「11」はかつて別所毅彦や斎藤雅樹など右のエースが背負った番号だ。DeNA時代から先発・リリーフ両方で実績のある山口俊だが、今後は先発に専念してローテーションの柱を担って欲しいという期待の表れではないだろうか。

今季18先発を務めた吉川光はリリーフ専任でスタートする予定だ。プロ野球史上初の9年連続60登板、歴代2位の通算273ホールドなど数々の偉業を築いた山口鉄の背番号「47」を継承し、左のリリーフエースとなれるか。短いイニングを全力で投げるリリーフで、持ち味であるストレートの球威を活かしたい。

2人は名誉ある背番号を受け継いだことで、新たなポジションでどのような活躍をみせてくれるか注目されているが、原監督体制の巨人は、選手からの志願も含めてほかにもいくつかの配置転換案が明らかになってきている。

おすすめの記事