「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

阪神は西、ガルシアを補強し上位浮上を目指す

2019 1/7 07:00勝田聡
ロサリオⒸゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

ロサリオが不発も投手陣は踏ん張る

阪神は金本知憲監督3年目となった昨シーズン、17年ぶりに単独最下位となってしまった。開幕戦で巨人のエース・菅野智之をKOし勢いにのるかと思われたが、残り2戦に連敗。その後は一進一退を繰り返しながら、6月末の時点で33勝36敗1分の借金「3」で3位となんとか、クライマックスシリーズ争いに踏みとどまっていた。

しかし、7月以降は借金を返済するどころか、逆に大きく増やしてしまった。最終的に62勝79敗2分で借金は「17」まで膨らんでいる。特に本拠地である甲子園球場では21勝39敗2分と借金は「18」もあった。その他の球場では貯金を作ったにもかかわらず、甲子園球場で勝つことができなかったのが低迷の一因だ。

阪神成績表


ⒸSPAIA

チーム数字を見ると投手陣は防御率4.03(2位)と頑張った。規定投球回に達したのはランディ・メッセンジャーひとりだったが、ラファエル・ドリス、桑原謙太朗、能見篤史、藤川球児といった中継ぎ陣の奮闘が目立っている。また若手を見ても高卒2年目の才木浩人が中継ぎ、先発両役割をこなしながら6勝をマークと飛躍のきっかけを掴んでいる。

誤算だったのは野手陣だろう。大型契約で獲得したウィリン・ロサリオが不発に終わったのがやはり痛かった。チーム本塁打数85本はセ・リーグ最下位。福留孝介、糸井嘉男とふたりのベテラン選手は踏ん張ったが、ロサリオの穴を埋めることはできなかった。

一方で明るい話題もある。2年目の糸原健斗がひとり立ちしたのだ。唯一の全試合出場を果たし、二塁の定位置を掴んだのだ。故障で離脱した上本博紀と今シーズンはポジションを争うこととなりそうだ。主砲候補の大山悠輔が9月16日のDeNA戦では6打数6安打と大暴れするなど、後半戦で実力を発揮。シーズンを通してチーム3位の11本塁打を放っている。また、梅野隆太郎は正捕手に君臨し、初の規定打席にも到達しゴールデングラブ賞を獲得した。

おすすめの記事