「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平成6年 10・8決戦で巨人が中日破り優勝【平成スポーツハイライト】

2018 12/23 11:00SPAIA編集部
ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

2度の中止、順延によって巡ってきた「運命の日」

平成6年10月8日は長いプロ野球の歴史でも初めてとなる、同率首位で並んだチームが最終戦で戦った日だった。シーズン序盤からセ・リーグの首位を走っていた巨人を中日が猛追し、勝った方が優勝という史上最大の決戦。両チームの選手、関係者、日本中の野球ファンが固唾を呑んで見守った大一番を振り返る。

この年、首位・巨人が8月25日から8連敗を喫すると、逆に中日は9月18日から9連勝して猛追。9月27日にナゴヤ球場で予定されていた直接対決が台風の影響で中止となり、予備日に組み込まれた同29日も再び中止。10月8日が最終戦となった。

10月6日の129試合目(当時は130試合制)、1ゲーム差で首位の巨人が優勝の可能性もあったが、ヤクルトに敗戦。中日は阪神に勝ったため、両チームとも69勝60敗で同率首位に並び、史上初の最終決戦へ舞台装置が整った。

おすすめの記事