「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

則本昂大がなぜ5年連続奪三振キングに君臨し続けられるのか

2018 12/24 07:00SPAIA編集部
則本,ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

5年連続奪三振王 則本昂大

パ・リーグで187奪三振を挙げ、阪神の江夏豊、近鉄の鈴木啓示(ともに1971年)以来47年ぶりに史上三人目の5年連続奪三振王となった東北楽天イーグルス則本昂大。来シーズンは江夏、鈴木氏の記録、6年連続奪三振王に挑む。

今季の奪三振数は自己最多だった昨年の222奪三振から「35」も少ない。しかし奪三振数は2位に「20」差、奪三振率は規定投球回を満たした投手の数字としてはダントツの9.33を記録しているのだ。

奪三振ランキング,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

脅威の奪三振ショーを続ける則本のピッチングにはどのような傾向があるのだろうか。

ボールゾーンの奪三振数が飛び抜けていい

低めのゾーン別成績,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

上の表は低めのコースの奪三振数をストライクゾーン、ボールゾーンに分けてまとめたものである。則本は低めのストライクゾーンでの奪三振数はそこまで特徴的ではないが、ボールゾーンの奪三振数が飛び抜けて多いというのが見て取れる。

低めのボールゾーンで三振を奪うには、ストライクゾーンとボールゾーンのギリギリに投げ込むコントロールやキレが必要である。その上、ワンバウンドで勝負する場合もホームベース手前で落とせば打者は振ってくれないので、ホームベース上に落とす精度が求められる。コースとボールの変化する位置、この2つを高い精度でコントロールできるのが則本なのだ。

おすすめの記事