「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

来季は勝負の年!オコエ瑠偉、平沢大河、小笠原慎之介ら高卒4年目を迎える若手有望株

2018 12/21 11:00勝田聡
来季高卒4年目の若手有望株
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

岡本和真、石川直也がチームの主力へ

2018年も残りわずかとなり、選手たちは来シーズンへ向けたトレーニングに励んでいる。レギュラー争いを繰り広げている若手選手たちは、練習にも熱が入っているはずだ。

特に、来シーズン結果を残したいのが、高卒4年目を迎える選手たちだろう。来年のドラフトで同世代の選手たちが「大卒即戦力候補」として入団してくるからだ。同世代とはいえ、4年早くプロ入りした立場としては、先に結果を残しておきたいところだろう。

参考までに、今シーズンの高卒4年目で好成績を残した選手を挙げていく。真っ先に名前が挙がるのは、今シーズン大ブレイクを果たした岡本和真(巨人)。3年目までは、35試合の出場で通算1本塁打とドラフト1位の実力を発揮することができていなかったが、4年目の今シーズンついにその才能が開花した。3割、30本塁打、100打点を達成し、11月には日米野球の日本代表にも選出されている。

その他には清水優心(日本ハム)が86試合に出場し7本塁打を記録。同じく日本ハムの石川直也は52試合で1勝2敗19セーブ、18ホールド、防御率2.59と勝ちパターンに定着した。

では、来シーズン高卒4年目を迎える選手にはどんな選手がいるのだろうか。2015年ドラフトで入団した高卒選手を確認してみたい。

おすすめの記事