「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

西武・森友哉「打てる捕手」として23歳時点の打力は近年屈指

2018 12/6 07:00青木スラッガー
森友哉,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

5年目でベストナインに輝いた森友哉

西武のレギュラー格で最年少23歳の森友哉が、自身初のベストナイン(捕手)に選出された。捕手といえば、今シーズンは「甲斐キャノン」で話題になったソフトバンク・甲斐拓也の活躍が印象的だった。捕手としての出場試合数を見ても、指名打者での出場が多かった森の81試合に対し、甲斐は133試合と差がある。それでも森がベストナインに選ばれたのは、打撃面の評価が大きいだろう。

森の捕手としてのキャリアはここまで決して順調ではなかった。2年目で外野手に回るなど、高卒のプロ入りからすぐに通用する打力があったゆえに、正捕手への道のりは遠回りになった印象もある。それだけに、5年目でベストナインを獲れたことは喜ばしい。

近年、球界全体で打撃が売りの捕手は不足している。2000年代は城島健司、古田敦也、阿部慎之助、矢野燿大、里崎智也、谷繁元信と2桁本塁打を継続的に打てる捕手が何人もいた。ようやくそこに並べそうな捕手が出てきたといえるが、むしろ、森の「打てる捕手」としての成長スピードや23歳時点の打力は、彼ら近年の名捕手と比べても屈指といえる。

おすすめの記事