「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

不思議なようで不思議でない。多和田真三郎が最多勝投手になれたわけ

2018 11/28 07:00SPAIA編集部
多和田真三郎,ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

防御率3.81でも最多勝

今年のプロ野球も日本シリーズ、日米野球が終了し、本格的にストーブリーグ、オフシーズンに突入している。各タイトルも確定した中で、パ・リーグの最多勝には、埼玉西武ライオンズの多和田真三郎投手が輝いたが、この最多勝は少し異質なものとなった。

なぜ異質かというと、多和田の防御率が3.81で、規定投球回数到達者9人中8番目となる数字だったからだ。一時は久々に防御率4点台の最多勝投手誕生かと話題になったほどである。

そこで、優秀とはいえない防御率ながら、多和田が最多勝に輝いた要因について、ここでは考察していきたい。

なぜ防御率が高くても最多勝を取れたのか

まずは、パ・リーグの日本人先発投手の勝ち数上位5人について、防御率と被打率、被ISOを比較したものを下表にまとめた。

2018年パの防御率と被長打率,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

※被ISO:ISOは長打率と打率の差から求められ、打者の長打力を測ることができる指標。逆に、被ISOはその投手がどれだけ長打を封じたかを示す。

多和田は防御率ではこの5人の中で最下位だが、被ISOについては断トツの数字となっている。長打は得点に絡みやすく、試合の流れを引き寄せる一打にもなりうる。それが少ないということは、勝ちに結びつきやすい投球ができているということではないだろうか。

おすすめの記事