「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ソフトバンク森唯斗はなぜセーブ王を獲得できたのか? データが示した圧巻のクローザー適正

2018 11/8 11:00SPAIA編集部
野球ボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンクのピンチを救った森唯斗

2018年のプロ野球は福岡ソフトバンクホークスが4勝1敗1分けで日本シリーズを制し、幕を閉じた。今年のソフトバンクはケガ人が続出して苦戦を強いられ、中でもクローザーのサファテの離脱は痛手だった。そんなソフトバンクブルペンを助け、クローザーのポジションを確立したのが森唯斗だ。

本来の絶対的守護神サファテがシーズン序盤の4月15日に離脱して以降、クローザーに抜擢され、4月17日に初セーブを記録。その後も安定した投球を見せ、最終的にセーブ王のタイトルを獲得した。

今シーズンの主な各球団のクローザーの成績は次の通りである。

2018年主なクローザーの成績

ⒸSPAIA

2位の増井が35セーブを挙げていることを考えれば、シーズン途中から抑えに転向してのタイトル獲得は快挙と言える。まさに大車輪の活躍だ。

森はクローザーとして非常に特徴的な投手である。

おすすめの記事