「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

阪神・糸井嘉男は金本以来の強打者か 今季OPSは過去10年で球団内日本人トップ

2018 11/10 07:00青木スラッガー
バッター,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神2年目のFA戦士・糸井嘉男が今年も打線をけん引

阪神2年目のFA戦士・糸井は今年も頼りになる男だった。

今シーズンは3番打者として開幕を迎え、中盤頃から福留孝介の後ろを打つ4番に定着。打率.308・16本塁打・68打点の好成績を残し、ベテラン2人で阪神打線をけん引した。若い頃から「トリプルスリー候補」と呼ばれ続けてきた超人も、とうとう37歳になったが、今シーズンは盗塁成功率88%で22盗塁を記録。まだまだスピードも衰えていない。

ただ、少しもどかしさを感じてしまうのは、阪神加入後、2年続けてフルシーズンを戦えていないことだ。けがでチームを離れる期間があり、昨シーズンは114試合、今シーズンは119試合の出場となった。

特に今シーズンは7月に右腓骨骨折で離脱するまでは絶好調で、キャリアハイの成績を狙えただけに、非常にもったいなかった印象がある。序盤の好調ぶりからすると、16本塁打・68打点は他球団の主軸打者と比べるとやや物足りないかもしれない。

しかし、フル出場とはならなかったものの、「出塁率」と、そこに長打率をプラスした「OPS」に注目すると評価は変わってくる。今シーズンは出塁率.420、OPS.900を記録したのだ。

おすすめの記事