「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ヤクルトは-7点、巨人は+50点 「得失点差」でみる両チームの伸びしろ

2018 11/3 11:00青木スラッガー
野球ボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

得失点差マイナス7点で2位浮上を果たしたヤクルト

今シーズン、セ・リーグでサプライズを起こしたチームはヤクルトだろう。前年借金51から、貯金9で2位という大躍進。しかし「得失点差」をみると、なぜ2位に浮上できたのか、一見不思議に思える。

プロ野球はサッカーのように得失点差でシーズン順位が決まることはない。10対0の圧勝も、1対0の辛勝も、ひとつの勝利という意味では同じだ。

ただし、得失点差は実際の勝率に高い相関を示すことがわかっている。得失点差の大きさは「戦力」の大きさと言い換えられるのだ。最近日本にも増えてきたGMを中心とした編成部門の役割は、得失点差(=戦力)が大きくなるようにチームをつくりあげていくこと。現場で指揮を執る監督にとっては、得失点差が小さいチームをいかに勝たせられるかが、采配の妙になるだろう。

今シーズン、ヤクルトの得失点差はマイナス7点。では他のチームはどうだったのか、得失点差と順位の関係について検証しよう。

おすすめの記事