「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

通算打率歴代1位浮上のヤクルト・青木 柳田悠岐も今季急上昇

2018 11/8 07:00青木スラッガー
青木宣親,ⒸYoshihiro KOIKE
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸYoshihiro KOIKE

青木宣親が通算打率歴代トップに

大リーグから帰ってきたヤクルトの安打製造機・青木宣親は、今シーズン、アベレージヒッターとして最高の称号を手に入れた。NPB通算打率で歴代トップに立ったのだ。

青木はNPB通算8シーズンで3900打数・1284安打・打率.329という成績を残し、2012年にメジャー挑戦のため日本球界を離れた。しかし日本野球機構により、打率が通算成績として認められるのは「4000打数以上」であるため、通算打率として認められるためにはあと1000打数必要だった。

7年ぶりにヤクルト復帰した今シーズン、青木は開幕から1か月少しで通算4000打数に到達。その時点で通算打率.327。それまでトップだったレロン・リーの打率.320を抜き去った。

最終的に青木はシーズン打率.327をマークして1年を終了。通算打率は9シーズンで.329となった。このまま歴代トップの座をキープできるか注目だ。

現役では内川・糸井・秋山が通算打率3割

近年、セイバーメトリクスの普及で「OPS」など様々な指標が一般のファンにも普及し、打率だけで打者の能力が語られることはなくなった。しかし4000打数以上の「3割打者」で現役を最後まで全うするとなると、その難易度は相当なものだ。引退した選手としては、これまで計21名しか通算打率3割を達成していない。

青木がこれから通算打率3割を切ることは考えづらいが、ほかに現役選手で通算3割に挑戦できそうな選手はいるのか、また青木を超えられそうな打者はいるのだろうか。

現役選手の通算打率ランキングは、以下のようになる。

現役通算打率表

今シーズン終了時点、4000打数以上で打率3割に届いているのは青木のほかにソフトバンク・内川聖一(.307)、阪神・糸井嘉男(.301)、秋山翔吾(.300)の3名だ。

今シーズン打率.323をマークした秋山は、さらに通算打率を伸ばしていくことが期待できるだろう。3割を超えているベテランの糸井、内川も、まだまだシーズン打率3割を達成する力はある。内川は現時点で右打者としては落合博満(.3108)、レオン・リー(.308)に次いで歴代3位。落合超えも期待したいところだ。

2割9分以上はオリックス・中島宏之(.296)、阪神・福留孝介(.293)、巨人・坂本勇人(.291)。30歳となる今シーズン、打率.345を残した坂本はここから十分に通算3割到達、さらにもっと上の成績も望めるだろう。

41歳の福留、36歳の中島は、年齢を考えると少し難しいだろう。今後、450打数150安打の打率.333を毎シーズン続けていくと仮定すると、これだけのハイアベレージだとしても中島でさえ最低2シーズン必要になってくる。

おすすめの記事