「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中日から両リーグ最多7名が規定打席に到達。レギュラー固定は吉か凶か

2018 11/2 07:00青木スラッガー
バッター,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

レギュラーの証「規定打席」到達が両リーグ最多だった中日

シーズン443打席。レギュラーの証ともいえる「規定打席」に届いた人数が、今シーズン最も多かったチームは中日だ。レギュラー固定を貫いた戦いは、来シーズンに吉と出るか、凶と出るか。

借金15の5位で、Bクラスは6年連続に伸びた中日。1年を通じて厳しい戦いが続いたが、野手陣には明るい兆しがあった。チーム打率.265は優勝した広島をも上回ってリーグ2位。本塁打はリーグ5位の97本にとどまったものの、決して貧打のチームではなかった。

高橋周平、福田永将が初の規定打席へ到達

来日3年目の一塁手・ビシエドは打率.348で首位打者を獲得し、26本塁打、99打点でチーム三冠王。二塁手は高橋周平が7年目で初めて規定打席到達。11本塁打、69打点と強打の二塁手へ近づいた。

三塁手でも福田永将が初めて規定打席へ届き、13本塁打、63打点を残した。遊撃手は昨年新人王の京田陽太だ。打撃は昨シーズンより苦しんだが、今シーズンも定位置を守り抜き、遊撃手として両リーグトップの守備率.991をマークしている。

外野は中堅手・大島洋平、右翼手・平田良介と不動の2人に、スイッチヒッターのアルモンテが新加入。左翼手として打率.321、15本塁打、77打点と抜群の成績を残し、ゲレーロの抜けた穴を見事に埋めた。

大島は打率.274とやや物足りなかったものの、57打点はキャリアハイだった。大躍進の1年となったのは平田だ。自身最高の打率.329を残し、一時は首位打者争いに参戦。売りは長打なのか打率なのか、どっちつかずとも取れた今までの打撃から吹っ切れたかのように、アベレージヒッターとして新たな才能を発揮している。

チーム全体の本塁打こそ多くはなかったが、平田、ビシエド、アルモンテと打率3割2分以上が3人。あとは大島の復調と、高橋、福田のもう一伸びさえあれば、リーグで一、二を争う強力な打線となる。

おすすめの記事