「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ソフトバンク・大竹に続け!今季育成から這い上がった選手たち

2018 10/31 15:00勝田聡
野球ボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

巨人・マルティネスが初打席初本塁打を放つも以降は低迷

2018年シーズン中に育成契約から支配下登録を勝ち取った選手は合計20名。その内訳を見ると、投手が15名、野手が5名となっている。

そのうち一軍出場を果たしたのは16名。育成契約から支配下登録された選手の内、80%の選手が一軍での出場機会を得たことになる。この数字には、故障により一時的な育成契約となっていた選手の再登録も含まれている。

野手に目を向けるとホルヘ・マルティネス(巨人)がもっとも結果を残している。そのデビューは衝撃的だった。支配下登録された即日に一軍でスタメンデビューを果たすと、初打席初本塁打を放ったのだ。

坂本勇人が故障離脱し、二塁の吉川尚輝が遊撃に回ったことで空白となった二塁を埋めた上に、打撃でも貢献してみせたのである。しかし、好調は長く続かない。守備面での不安、打撃の低迷と以降のアピールができず、8月26日にファーム降格。その後、今シーズン一軍へ昇格することはできなかった。

その他の野手では、大村孟(ヤクルト)が9試合、佐野皓大(オリックス)が1試合の出場を果たしているが、実績を作るには至っていない。

今シーズンに支配下登録された野手の一軍成績

おすすめの記事