「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

巨人・坂本勇人がプロ12年で1711安打 張本勲超えも見えるハイペース

2018 11/4 11:00青木スラッガー
坂本勇人,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

坂本勇人が20代最後のシーズンを終了

2006年ドラフトで高校生ドラフト1巡目指名を受け、光星学院(現八戸学院光星)高校から入団した坂本勇人。定位置を掴むのはあっという間だった。2年目、故障した二岡智宏に代わって遊撃手で起用されると、一気にレギュラーを奪取。フル試合出場をはたし、そこから現在まで遊撃手は不動のポジションだ。

3年目には打率.306・18本塁打とブレイクし、4年目は31本塁打。6年目には173安打で最多安打のタイトルを獲得した。以降3年は続けて打率2割台と坂本にしては打撃が低迷していたが、このあたりから「粗い」と評されていた遊撃守備が急激に上達しはじめる。

いつしか「名手」と呼ばれるようになり、10年目には安打製造機ぶりも復活し、打率.344で自身初の首位打者を獲得。迎えた12年目の今シーズンは、それを上回る打率.345を残し、2度目の首位打者まであとわずか3厘に迫った。

19歳から11シーズン、遊撃手というハードなポジションを守りながら、中心打者として巨人を引っ張り、積み重ねたヒットの数は29歳で1700本を超えた。

通算安打1711本は張本勲とほぼ同じペース

通算1711安打。これは来シーズンから指揮を執る原辰徳監督や、若手時代に打撃コーチとしてお世話になった篠塚和典といった巨人の名プレーヤーも抜き、NPB歴代88位にランクインする本数だ。順位だけを見ると、大したことない数字に感じられるが、29歳という年齢を考慮すると、とてつもないペースでヒットを量産している。

三遊間を組み、ともに三連覇の中心メンバーとして活躍した村田修一がはたせなかった2000本安打もすでに視野に入っている。引退直前になんとか到達する選手もたくさんいる中、早ければあと2シーズンで名球会入りをはたす可能性がある坂本。となれば、期待したいのはNPB通算で張本勲以来、日米通算でもイチローしか到達していない3000本安打の頂きだ。

イチローは現在の坂本と同じ12年目終了時点(2003年)で、すでにメジャー3年目を終え日米通算1940安打を放っていた。翌年にはシーズン262安打のメジャー記録を打ち立て、さらにヒットのペースを加速させていく。さすがにこの4000本安打を達成する歴代最高の安打製造機にはかなわない。では張本はというと、同時点(1970年)で通算1722安打。坂本とほとんど変わらない本数だ。

おすすめの記事