「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

西武ドラフト7位・佐藤龍世 技と心を磨いた4年間、いざ若獅子

2018 11/1 11:00永田遼太郎
佐藤龍世,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

富士大学〝第4の男″佐藤龍世

気持ちが良いほどのフルスイングに見惚れてしまった。

埼玉西武ドラフト7位指名の富士大学・佐藤龍世内野手である。山川穂高、外崎修汰、多和田真三郎に続く富士大学〝第4の男″。

プロ入り後の伸び率にも定評がある同大学で、高校時代わずか2本塁打だった男が、大学の4年間で20本塁打を打つほどに大きく成長した。

「(大学に入って)ウエイトの量も増やしました。その分体重も増えて、振り込む量も増えて、バッティングフォームもいわゆる〝金属打ち″だったんですけど、長く木(のバット)を経験してる先輩方にも教わってフォームも変わりましたね」

ウエイトトレーニングはシーズン中週3回、シーズンオフはほぼ毎日行った。体重もこの4年間で3㎏増えて振る力もついたと胸を張る。

もちろん基礎体力だけじゃない。技術面でも自主練習の量を増やして積極的に取り組んだ。ドラフト指名はその成果の表れともいえる。

おすすめの記事