「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018ドラフト】埼玉栄・米倉、東京ガス・笹川ら指名漏れとなった実力者たち

2018 10/27 11:00勝田聡
バッター,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

埼玉栄高の米倉、DeNA・細川の弟がプロ入りならず

根尾昂、藤原恭大(ともに大阪桐蔭高)、小園海斗(報徳学園高)が予想通りに1位で入札され、幕を開けたドラフト会議。以降も吉田輝星(金足農高)、渡辺勇太朗(浦和学院高)、野村佑希(花咲徳栄高)ら甲子園を沸かせた選手が次々と名前を読み上げられていく。

一方で、注目されていながら指名されなかった選手もいる。米倉貫太(埼玉栄高)もそのひとりだ。180センチを超える長身から繰り出されるストレートは140キロを超え、早くからプロのスカウトも注目していた。しかし、育成ドラフトでも名前は呼ばれることはなく、無念の指名漏れとなってしまった。

細川成也(DeNA)を兄に持つ細川拓哉(明秀日立高)も指名はなかった。チームメイトである増田陸が巨人の2位で指名されただけに、悔しさは大きいはず。次なるステージで実力をつけ、兄、そしてチームメイトに追いつきたい。

高卒でのプロ入りはならなかった選手は、大学もしくは社会人で野球を続けることになる。社会人に進めば3年後、進学なら4年後のドラフト会議で指名されることに期待したい。

【主な高校生の指名漏れ選手】

  • 米倉貫太(埼玉栄高/投手)
  • 細川拓哉(明秀日立高/投手)
  • 鶴田克樹(下関国際高/投手)

おすすめの記事