「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

西武が12球団唯一の単独指名 例年と戦略変えた球団も ドラフト会議パ・リーグ編

2018 10/26 16:00勝田聡
ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

西武は即戦力投手松本を一本釣り

10年ぶりのリーグ優勝を果たした西武は、即戦力投手・松本航(日体大)の一本釣りに成功した。他11球団が人気高校生を指名するなかで唯一の単独指名。2位では、大谷翔平(エンゼルス)を彷彿とさせる長身右腕の渡辺勇太朗(浦和学院高)を指名し、上位で即戦力と素材型の大器をバランスよく獲得したといえる。松坂大輔(現・中日)や涌井秀章(現・ロッテ)、現エースの菊池雄星など、高校生投手の育成には定評があるだけに、渡辺がどのような成長を遂げるか注目したい。

ドラフト会議,2018年,広島カープ,結果

中位、下位では高校生、大学生、社会人とバランスよく指名。3位の山野辺翔(三菱自動車岡崎)は、浅村栄斗がFA宣言した場合の二塁手候補にもなりそうだ。西武にとってお馴染みの富士大からは、佐藤龍世を7位で指名している。

おすすめの記事