「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日米通算成績で振り返る松井稼頭央の功績 歴代2位535二塁打と5位2705安打

2018 10/29 11:55青木スラッガー
>松井稼頭央,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

史上最高のスイッチヒッターの「日米通算成績」

スター選手の引退が相次いだ今シーズン。野手陣で一番の大物といえるのが西武・松井稼頭央だ。ひとつの区切りを迎えたところで、改めて史上最高のスイッチヒッターの「日米通算成績」に注目する。

松井稼の大きな功績のひとつが、日本人内野手にメジャー挑戦の道を切り開いたことだ。MLBでのプレーは7シーズン。630試合分もの成績が積み重なった。NPB成績と合算し(日米通算)、NPB通算記録ランキングに組み込んでみると、いくつかの部門がかなりの位置にランクインする。

日米通算はあくまで「参考記録」の扱いだ。公式には数字が残らず、ファンの間でもイチローの安打記録を除けば、あまり話題にならない。

だが、息の長さこそが松井稼の選手としてのすごさではないだろうか。メジャーで怪我を負って帰ってくる選手も多い中、日本球界復帰後、30代後半まで遊撃手として活躍。その功績を日米通算成績から振り返ってみたい。

おすすめの記事