「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

西武・外崎修汰「ユーティリティ選手初」のトリプルスリーへ近づいた1年

2018 10/30 11:00青木スラッガー
外崎修汰,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

中心打者のひとりとして飛躍した外崎修汰

10年ぶりのリーグ優勝を果たした西武。最後は悔しい結果に終わったが、追われる立場のプレッシャーのなか要所でライバルを叩き、首位を一度も譲らなかった戦いぶりは見事だった。「山賊打線」「ししおどし打線」と呼ばれた打撃陣は、平成のプロ野球を代表する強力打線として語り継がれていくことだろう。

それほど印象的だった強力打線は、浅村栄斗らここ数年のスター選手が力を発揮したところに、若手の急成長が加わって完成した。本塁打王の山川穂高、捕手として両リーグ最高の本塁打数をマークした森友哉。そしてもうひとりが、内外野をこなすユーティリティプレーヤーの外崎修汰だ。

3年目の昨シーズンは序盤からスタメンに定着し、初めて規定打席に届いて打率.258・10本塁打・23盗塁と台頭した外崎。開幕スタメンを果たした今シーズンは不動のレギュラーとして活躍した。

序盤こそ長距離砲が並ぶ西武打線の中にあって、貴重な“つなぎ”の打者というイメージだっただろう。ところが、実家がりんご農園を営むことからファンに「アップルパンチ」と呼ばれる長打力も発揮しはじめ、最終的に18本塁打をマーク。打率も.287と大幅に向上し、徐々に下位打線から主砲山川の後ろを打つクリーンナップの一角に入り込んでいった。

おすすめの記事