「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

楽天・内田は山田哲人、鈴木誠也クラス?「本塁打率」でみる未来の主砲候補

2018 10/25 07:00青木スラッガー
ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

大谷のメジャー挑戦で話題になった「本塁打率」

今シーズン、打者として順調すぎるメジャーデビューを飾ったエンゼルスの大谷翔平は、ある指標が「すごい」と度々メディアで話題となった。本塁打を1本打つのにどれだけの打数を必要としたかを表す「本塁打率」のことだ。

114試合・326打数で22本塁打をマークした大谷の本塁打率は「14.82」。これはメジャーリーガーの本塁打数トップ層と同レベルで、500打数で30本、600打数で40本に到達するペースとなる。将来的には「日本人初の本塁打王」も夢ではない--。それほどまでの希望を、大谷はこの指標を通して日本の野球ファンに与えてくれた。

ならば、日本球界にも大谷のように、打席数は少ないが、本塁打ペースは主砲クラスという若手ホープはいないのか。今シーズンの打者成績を本塁打率から振り返ってみたい。

各チーム主砲たちの本塁打率は……

まずは、どれくらいの本塁打率をマークすれば長距離砲として活躍する可能性があるのか、改めて確認しておく。

2018年本塁打ランキング,ⒸSPAIA

今シーズン両リーグ最多47本塁打の西武・山川穂高が本塁打率「11.51」、セ・リーグ本塁打王のDeNA・ソトは本塁打率「10.15」。30本塁打以上で最も本塁打率が低いのは西武・浅村栄斗の「17.66」だった。

本塁打率をフル出場の目安となる500打数に換算すると、「10.00」=50本、「15.00」=33本、「20.00」=25本、「25.00」=20本、「30.00」=17本(小数点以下は四捨五入)となる。本塁打率20台なら長距離砲としての素質はあり、10台までいくと打数次第で30本塁打超えの可能性も出てくる。

おすすめの記事