「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パが5年連続制覇中の日本S。セ王者カープは"鬼門"ビジター克服なるか

2018 10/24 07:00青木スラッガー
野球ボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

パ・リーグが5年連続制覇中の日本シリーズ

今年の日本シリーズは“初顔合わせ”の対戦カードとなった。2年ぶり8回目進出の広島カープと、2年連続18回目進出のソフトバンクホークス。20世紀に黄金期があった両チームだが、それがちょうど入れ替わりだったため、今まで実現していなかった。

3連覇とリーグ内では敵なしの広島と、リーグ2位からCSを勝ち上がり、勢いに乗るソフトバンク。どんな戦いになるのか楽しみだが、近年の日本シリーズを“リーグ対決”目線で振り返ると、完全にパ・リーグがセ・リーグを圧倒している。

昨年ソフトバンクが日本一になったことで全68回のシリーズ対戦成績は、セ35勝・パ33勝となった。通算ではほぼ互角だが、2000年以降に限ってはパ・リーグが12勝6敗。さらに最近10年間では、パ・リーグの10勝2敗と大きく勝ち越している。

現在は2013年の楽天からはじまり、2014と15年のソフトバンク、2016年日本ハム、2017年ソフトバンクとシリーズ5連勝中。この間セ・リーグは、2013年から順番に巨人、阪神、ヤクルト、広島、DeNAとすべて別のチームが日本シリーズに進出したが、第7戦までもつれたのは巨人のみという結果である。

おすすめの記事