「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

選手分析「10年目の打撃改革」~日本ハム #9 中島卓也~

2018 10/23 07:00データスタジアム
野球ボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

早いカウントから振りにいく積極性がアップ

2016~18年:打撃成績

驚異的な粘りで唯一無二の打撃スタイルを確立していた中島卓也。打率.264を残した2015年にはベストナインに選ばれた実力者だが、16、17年は不本意な結果に終わった。しかし、プロ10年目を迎えた今季は、打率.261を記録する。今回は、打率の回復をもたらした“打撃改革”に迫りたい。

2016~18年:ファーストストライクスイング率

昨季は打率を2割に乗せるのがやっとだった中島に、どんな変化があったのか。まず着目したデータが、打者の積極性を示す「ファーストストライクスイング率」だ。早いカウントから振りにいく打席が増えており、今季はリーグ平均に迫る数字を残した。

おすすめの記事