「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

楽天・松井、広島・大瀬良ら 2013年ドラフト組の現在地

2018 10/22 11:00勝田聡
大瀬良大地,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

すでに実績十分!松井、大瀬良、石川らはチームの中心に

来季以降の戦力補強に欠かせないドラフト会議が迫っている。ドラフトにおける成功と失敗はその場でわかるものではなく、その答えが出るのは5年~10年先になる。今回は今から5年前の2013年ドラフトを振り返ってみたい。当時の人気選手はどのような成績を残しているだろうか。

2013年のドラフト会議で注目を集めたのは、桐光学園高の松井裕樹だった。2年時に出場した夏の甲子園では、1試合22奪三振を記録。大きく曲がるスライダーを武器としており、高校生ながら即戦力候補として5球団が入札。抽選の末に楽天が交渉権を獲得し、プロ入りに至っている。

2年目からは守護神としてプレーし、第4回ワールド・ベースボール・クラシックでは日本代表にも選ばれた。今シーズンは不振に喘いでいたが、終盤戦では4年ぶりに先発として登板。及第点の成績を残し、来シーズン以降にさらなる飛躍の期待がかっている。

高校生で注目を集めたのが松井なら、大学生では九州共立大の大瀬良大地だ。3球団が入札し、広島が交渉権を得た。15勝をマークし最多勝と最高勝率の二冠を獲得した今シーズンは、エースとしてリーグ優勝にも大きく貢献している。

社会人では東京ガスの石川歩が2球団競合の末にロッテへ入団。1年目から新人王を受賞し、2016年には最優秀防御率のタイトルを獲得。昨シーズンから、やや低調だがチームの柱的存在であることは間違いない。

その他にも投手では田口麗斗(巨人)、秋吉亮(ヤクルト)、吉田一将(オリックス)、久里亜蓮(広島)、野手では森友哉(西武)、小林誠司(巨人)、上林誠知(ソフトバンク)といった面々がすでに実績を残している。

おすすめの記事