「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2018クライマックスシリーズ・チーム分析~パ・リーグ~

2018 10/10 15:00データスタジアム
野球ボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

西武ライオンズ戦力分析

圧倒的な攻撃力を武器に10年ぶりのリーグ制覇を果たした西武。チーム総得点は現時点で783に達しており、近年はおろか両リーグ制以降のNPBでも上位にランクインする数字となった。

1950~2018年,NPB,シーズン得点ランキング

ここまでの1試合平均得点は5.6で、試合の少ない3月と10月を除くと月間ワーストでも6月の4.9と、波がない点も西武打線の特徴だ。

投手陣はリーグ唯一のチーム防御率4点台ではあるものの、得点力で弱点をカバーした格好といえる。

1950~2018年,NPB,シーズン120打点以上コンビ

歴代屈指の攻撃力を誇る打線は、上位で固定されている秋山を筆頭に多士済々のメンバーが名を連ねている。中でも今季を象徴する存在が、浅村と山川の3、4番コンビだ。

同じシーズンに120打点以上を記録した選手が複数いたチームは、1950年以降だと5ケースのみ。今季の全試合に出場している両選手にとっては、チームを支え続けた勲章ともいえる結果だろう。クライマックスシリーズにおいても、この2人を中心とした強力打線に注目が集まるはずだ。

おすすめの記事