「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もしも千葉ロッテマリーンズが優勝したら

2016 9/2 12:22
千葉ロッテ 画像
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ROG

千葉ロッテマリーンズを愛する方へ。
千葉ロッテマリーンズの優勝を見届けたい、一緒に優勝の喜びを分かち合いたいと思いませんか。
今回はこれまでの優勝のプロセスや、優勝したらどうなるかについてご説明したいと思います。

2005年、千葉ロッテを優勝に導いた ボビー・バレンタイン監督

かつて「パリーグのお荷物」とまで揶揄された弱小球団を、監督就任からわずか2年目で31年ぶりの日本一に導いた、ボビー・バレンタイン監督はアメリカ大リーグから招かれました。
監督の戦略は、大きく3つ。
まず第一に選手をよく褒めること。選手やファンに対して、サービス精神が豊富で、「ナイスプレーだったよ」、「バンザーイ、バンザーイ!」「ユーショーシニイキマショー!」などと声をかけ、選手たちを奮い立たせました。日本語で直接選手やファンにコミュニケーションをとっていましたが、移動中など時間を見つけては、ボロボロになるまで日本語のテキストを読み込んでいたそうです。
二つ目は、緻密なデータ収集と分析です。アメリカから専門家を招いて、相手チームを徹底分析しています。
三つ目は独特な起用です。例えば、ピッチャーには100球しか投げさせず、ファームで調子の良さそうな選手をドンドン起用し、スターティングメンバーがコロコロ替わったそうです。選手からしたら納得のいかないところもあったようですが、結果それが成功し、1年を通して結果を出せるチームになったのです。

史上最大の下剋上 優勝へのキセキ

2010年のシリーズを制した、千葉ロッテマリーンズ、シーズン後半の試合はまさに勝つか負けるかの瀬戸際でした。一試合でも負けたら4位転落という状況の中、見事に3連勝しクライマックスシリーズに出場、その時に里崎選手が言った「史上最大の下剋上を見せる!」この言葉がまさに現実となったのです。
西武相手に2試合連続で9回表からの逆転勝利、そしてソフトバンク相手に2連敗からまさかの3連勝で、シーズン中3位だったチームが奇跡の日本シリーズへの切符を手に入れました。これは史上初の快挙だそうです。
ここまでで十分震えますが、日本シリーズでの中日戦もスゴイ展開でした。3勝2敗で迎えた第6戦、負け越していたロッテが8回に同点に追いつき試合延長、15回で規定により引き分け、なんと試合時間は5時間42分でした。日本シリーズ最長記録です。
そして迎えた第7戦、リードを許しますが7回に逆転、その後同点に追いつかれますが、延長12回に岡田のスリーベースヒットで勝ち越し5年ぶり4度目の日本一となりました。本当に「史上最大の下剋上」を実現したのです。

おすすめの記事