「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もし中日ドラゴンズが今年優勝するなら、を妄想してみた

2016 9/2 12:22
日本野球機構 2007 日本シリーズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年に、53年ぶり2回目の日本シリーズ優勝を果たしてから早9年。
その間2度のリーグ優勝をするも日本一にはなれず。あの熱い思いをもう一度、と思っているファンも多いことでしょう。
そこで、もし今年優勝するなら、を妄想してみました。今年は創立80周年。何が起こるかわかりません!

3年連続Bクラスとベテランの引退。優勝への影響は?

今季の優勝への道は、やはり厳しいものになるでしょう。なにしろ、3年連続Bクラスですからね…。2010年、2011年と落合監督の下、リーグ優勝して以来低迷している上に、ファンはもちろん選手にも心の支えであったであろう山本昌が、昨シーズン50歳でついに引退してしまいました。
昨シーズンから徐々にではありますが、若返り、世代交代を行ってきた中日。他にも谷繁、小笠原、和田などのベテランが引退したこともあり、今シーズンは更なる変化が必要になっています。

出だし好調、中盤で息切れ、優勝に手は届くのか?

たいていの場合、ひいきのチームは出だしが好調なイメージがあります。もしかして今年はいけるんじゃないか!?と、シーズンが始まってまもない時期に、順位やゲーム差に一喜一憂してしまうのです。
しかしよくある事として、中盤にさしかかった途端に不調になるわけです。連敗したりケガをする選手が出たりと、不穏な空気が流れます。でも大丈夫、なにせ若返りの真っ最中、使って鍛えたい選手は沢山います。中盤こらえて選手の育成に励みましょう。そうすればおのずと結果はついてくるのです。

おすすめの記事