「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もっと野球が楽しくなる!野球雑学5選

2016 8/30 14:51
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by bikeriderlondon/Shutterstock.com

野球に関する雑学を学んで、もっと野球を楽しみたいと思わないだろうか。
そんな皆さんにとっておきの野球雑学を5つほど紹介する。

プロ野球選手が治療するものと言えば「歯」!

たとえば投手が肘を壊した、野手が腰を痛めたといった話はよく聞く。ところが、一流と呼ばれる投手や野手が必ずと言っていいほど毎年のように診察してもらい、必要に応じて治療してもらう部位は、肘でも腰だけない。それは「歯」なのだ。
ボールを全力で投げるのも打つのも、歯に100キロ近くの衝撃がかかる。歯が悪ければそうした衝撃に耐えることができず、野球選手として優れたプレイができなくなるからだ。
そのため、プロ野球選手は特に一流と呼ばれる選手ほど、歯のメンテナンスや治療は不可欠と言われている。

日本で最高年棒を記録したのはいったい誰?

日本の歴代プロ野球選手の中で最高年棒を獲得したのは、横浜の「大魔神」と呼ばれた佐々木主浩選手だ。その年棒額は6億5000万円の2年契約(2004年と2005年)だった。2016年現在、この金額は誰にも破られていない。
ちなみに、第2位は巨人の松井秀喜選手で、単年度契約ながら2002年に6億1000万円で契約を締結している。
また、3位は同じく巨人の阿部慎之助選手で、6億円での2年契約(2014年と2015年)をしており、6億円以上の年棒を獲得したのは日本のプロ野球史上この3人のみだ。

おすすめの記事