「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

カープ女子も気になる?3連覇の可能性は!?

2018 3/17 09:30mono
野村祐輔
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

安定した投球を見せる投手陣

大瀬良大地

ⒸSPAIA


投手陣を見ると野村祐輔、クリス・ジョンソン、薮田和樹、岡田明丈、大瀬良大地ら5人の投手がローテーション当確。菅野智之(巨人)のような絶対的なエースは不在だが、全員が2桁勝利をできる力を持っており、安定した投球が期待できそうだ。

中継ぎ陣も中﨑翔太、今村猛、ジェイ・ジャクソンらが盤石。さらには新外国人選手としてレオネル・カンポスが加わった。カンポスは外国人枠の関係もあり起用法は限られてくるが、オープン戦2試合で2回を投げ5奪三振、防御率0.00と結果を残している。ジョンソン、ジャクソンそして野手陣とどのように外国人枠を利用するか、緒方孝市監督の起用法に注目したい。

また昨シーズン、広島投手陣のゴロ率(全打球に占めるゴロの割合)は51.8%とリーグトップだった。ゴロが多いということは、フライが少ないことを意味しており、昨シーズンの被本塁打92本は阪神とならんでリーグ最少。もちろん、被本塁打は球場の特性に関わってくるがひとつの目安となるだろう。今シーズンもゴロを打たせて取る投球で相手打者を翻弄したいところだ。

控えの層も厚い赤ヘル打線

松山竜平 新井貴浩

ⒸSPAIA


昨シーズンの主力から戦力の流出はなかった。今シーズンも田中広輔、菊池涼介、丸佳浩の『タナキクマル』トリオが健在。また、故障でシーズン終盤を棒に振った鈴木誠也もケガから復帰し、オープン戦では守備にもついている。開幕戦からフル出場するかは現時点でわからないものの、長期間の離脱は考えにくく、明るい材料と言えるだろう。

今春はサビエル・バティスタ、安部友裕のふたりが離脱したが、松山竜平、エルドレッド、新井貴浩といったベテラン達は、ここまで故障なく順調に来ている。しかし、大きな不安はないはずだ。昨シーズンも規定打席未到達ながらエルドレッド(27本)、松山(14本)、バティスタ(11本)と3選手が2桁本塁打を記録した。故障者が出ても代わりの戦力が出てくる、この層の厚さが広島の強さのひとつと言えるだろう。

おすすめの記事