「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フルイニング出場選手たちの交代要員はだれ?

2018 3/13 11:28mono
田中広輔
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

2017年のフルイニング出場は5人

2017年シーズンに全試合出場を果たした選手はセ・パ両リーグ合わせて15人だった。そのなかで途中出場、途中交代もないフルイニング出場は田中広輔(広島/遊撃)、倉本寿彦(DeNA/遊撃)、山田哲人(ヤクルト/二塁)、源田壮亮(西武/遊撃)、秋山翔吾(西武/中堅)の5人。この顔ぶれはいずれもチームに欠かせない存在だ。また、全員が守備の要でもあるセンターライン(捕手・二塁・遊撃・中堅)を守っていることからも、押しも押されもせぬ中心選手ということがわかるだろう。

さらには、田中は盗塁王・最高出塁率、源田は新人王、秋山は首位打者・最多安打とタイトルホルダーでもあり、彼ら中心選手たちのフルイニング出場が、勝利への貢献であることは間違いない。しかし、長いシーズンを戦う上では故障など不測の事態が起こることもある。その場合に誰が彼らの穴を埋めることになるのだろうか。

【2017年・全試合出場者】
※はフルイニング出場者

  • 田中 広輔(広島)※
  • 丸 佳浩(広島)
  • 鳥谷 敬(阪神)
  • 倉本 寿彦(DeNA)※
  • 桑原 将志(DeNA)
  • 山田 哲人(ヤクルト)※
  • 中村 晃(ソフトバンク)
  • 松田 宣浩(ソフトバンク)
  • 秋山 翔吾(西武)※
  • 浅村 栄斗(西武)
  • 源田 壮亮(西武)※
  • 銀次(楽天)
  • 島内 宏明(楽天)
  • T-岡田(オリックス)
  • 鈴木 大地(ロッテ)

DeNAは大和の獲得で備えあり?

セ・リーグの3人を見ていこう。昨シーズンこそ不調だった山田だが2015年、2016年と2年連続トリプルスリー(打率3割以上、30本塁打以上、30盗塁以上)を達成。その代わりは、もはや球界を見渡しても不在といっていいだろう。そのなかで代役を考えると谷内亮太、西浦直亨らが本来の遊撃から回ってくることが濃厚だ。現に2016年シーズン中は山田が故障離脱中にふたりは二塁を守っている。

また二軍では昨シーズン、渡邉大樹がチーム最多の70試合で守備についている。昨シーズン初めて一軍出場を果たしたばかりだが、次世代の二塁手候補として起用することはありえるだろう。堅実に他ポジションから回すのか、期待の若手を起用するかは小川淳司監督の方針次第となりそうだ。

広島で1番・遊撃を務める田中。2016年、2017年と2年連続でフルイニング出場となっており、不在時の穴は大きくなる。田中以外の選手が一軍で遊撃のポジションについたのは2015年の梵英心、木村昇吾の二人まで遡る。しかし、このふたりはすでにチームから離れており、ここ3年における一軍での遊撃経験者は不在だ。

そのため、田中の欠場時は二塁の菊池涼介を遊撃に回し、西川龍馬を二塁で起用するか、もしくは田中の代わりに若手を抜擢することとなるだろう。二軍では庄司隼人(63試合)、桒原樹(58試合)のふたりがメインポジションとして遊撃を守っており、このふたりが昇格することになりそうだ。どちらにせよ近年、一軍での遊撃守備経験に乏しく不安が残る。

一方、山田、田中と比較すると倉本の欠場は対処しやすいだろう。このオフに獲得した大和を遊撃で起用し、田中浩康、柴田竜拓らを二塁で起用できるからだ。また倉本は主に下位打線で起用されていることから、打撃面での影響も少ない。万が一が、起こっても大幅な戦力ダウンとはならないといえそうだ。

おすすめの記事