「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

隠れた名助っ人!ブランドン・ディクソンを応援したくなる3つの理由

2018 3/7 14:02Mimu
ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

応援したくなる理由その3:人柄が魅力的!

ディクソンは何よりも、人柄がよく素直で真面目な印象だ。人がいいというのは、ピッチャーとして必ずしも良いことではないのだが、ディクソンの場合はそれもまたプラスに変え、ここまでの成功を収めているように思う。

コーチのアドバイスも素直に聞き入れ、練習にも手を抜かない。ファンサービスにも積極的だ。来日後に生まれた長女「ナラちゃん」の名前の由来は、日本の「奈良」だそうだ。ディクソンはチームやファンから愛されているが、ディクソン自身もチームとファン、そして日本を愛している。

ディクソンの人の好さはアメリカ時代からおなじみであった。当時ディクソンはセントルイス・カージナルスに所属。2011年にチームはワールドシリーズ優勝を果たしたが、ディクソンはその年4試合にしか登板していなかった。それにもかかわらず、ディクソンに優勝リングと分配金が渡されている。

こういった優勝報酬は、ワールドシリーズに登録された選手以外に渡す場合、選手やフロントたちによる話し合いでどう分配するかが決まる。たった4試合にしか登板していないディクソンにこれらが渡されたのは、当時から彼の人柄がチーム全体に知れ渡っていたからだろう。

オリックスも、ディクソンの人柄も評価したうえで、2年契約を結んだのだと思われる。ディクソンの今の目標は「2桁勝利」と「日本人扱いになる」ことだという。外国人選手は、FA権を取得すれば、その翌シーズンから日本人扱いとなる。あと数年ほどかかるが、ディクソンならきっとやってくれるだろう。

おすすめの記事