「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

清宮はどうなる? 1位指名5球団以上競合の高校生の1年目は?

2018 2/27 18:55mono
野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

高卒史上最多の指名は清宮と福留

清宮と同じく7球団競合となったのは、1995年ドラフトの福留孝介(PL学園高)だ。抽選の結果、近鉄の佐々木恭介監督が交渉権確定のあたりくじを引いたものの、福留は入団を拒否し社会人野球の日本生命へと入部する。指名解禁となった1998年ドラフトで、中日を逆指名しプロ入りを果たすと、2007年オフにFA権利を行使しメジャーリーグに移籍。2012年まで5シーズンに渡ってメジャーでプレーした。

その後2013年に阪神と契約し日本復帰を果たすと、2016年に日米通算2000本安打を達成し、名球会入りも果たしている。2017年からは主将を務めるなど、チーム内での信頼も厚い。

このように福留は7球団競合時に入団しなかったものの、その後に結果を残しており、その実力とプロの評価が一致していた存在だったといえるだろう。


【7球団競合選手・1年目及び通算成績】
★は現役

<7球団>
・福留孝介(入団拒否後・中日→MLB→阪神)★
(1996年)入団せず
(NPB通算)1639試合/打率.293/256本塁打/926打点
(MLB通算)596試合/打率.258/42本塁打/195打点

・清宮幸太郎(日本ハム)★
(2018年)?

6球団競合の清原は圧巻の成績!

清宮・福留に次ぐ6球団競合となったのは、1985年の清原和博(PL学園高)、2009年の菊池雄星(花巻東高)だ。

『KKコンビ』として桑田真澄とともに甲子園を沸かせた清原は、憧れでもあった巨人からの指名がなかったものの、当時高校生史上最多であった6球団から指名を受けた。抽選の結果、西武が交渉権を獲得し入団。1年目から一塁のレギュラーを獲得し、新人王を獲得するなど期待通りの活躍を見せてくれた。1年目に放った31本塁打は『高卒』というくくりを外しても、2017年終了時点で新人における最多記録となっている。

2009年春の甲子園で準優勝投手となった菊池は、ドラフト前にメジャーリーグ志望を打ち出し、日米の球団と面談を実施したうえで国内でのプレーを宣言。ドラフトでは6球団が指名し、西武が交渉権を獲得している。1年目は故障もあり一軍出場はなく、二軍でもわずか2試合の登板と不本意な成績に終わってしまう。しかし、5年目の2014年からローテーションに定着し、2016年に初の2桁勝利を達成。昨シーズンは16勝6敗、防御率1.97の成績で最多勝、最優秀防御率のタイトルを獲得するなどリーグを代表する投手へと成長している。

【6球団競合選手・1年目及び通算成績】
★は現役

<6球団>
・清原和博(西武→巨人→オリックス)
(1986年)126試合/打率.304/31本塁打/78打点
(通算)2338試合/打率.272/525本塁打/1530打点

・菊池雄星(西武)★
(2010年)登板なし
(通算)135試合/59勝42敗1S/防御率2.71

おすすめの記事