「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

レジェンドたちは桁違い!? バレンタインチョコを一番多くもらった選手は誰?

2018 2/15 12:52mono
バレンタインチョコ
このエントリーをはてなブックマークに追加

西武の投手はちびっ子からゲット

今年のバレンタインは阪神、DeNA、巨人、ソフトバンク、オリックス、ロッテの6球団が休日となった。そのため、イベントなどを前倒しで行っている球団もある。

西武の武隈祥太、大石達也といったリリーフ投手陣は、キャンプ地である宮崎の幼稚園児からバレンタインチョコ43個をゲット。子どもたちからのプレゼントは、喜びもひとしおだろう。

DeNAの山﨑康晃は休日だったこともあり、チョコレートが入った紙袋を両手に持った写真を、自身のtwitterへ投稿している。その数は明らかになっていないが、40個くらいだろうか。

ロッテでは、親会社と毎年恒例となった『あなたがチョコを渡したい選手』のファン投票が開催され、成田翔が2年連続のトップとなった。得票数は3万8251票と、2位の原嵩(3万3099票)に約5000票の大差をつけている。もちろん、この数のチョコレートが贈られてきたわけではないが、ファンの思いは届いたことだろう。

2017年は山﨑康晃(DeNA)が400個!

今から1年前の2017年バレンタインデー。新聞報道などを見ると、もっとも多くのチョコレートをもらったのは山﨑の約400個だ。段ボール5箱分となったチョコレートの山を手に微笑む姿は、多くの反響を呼んだ。約370個もらった2016年より、さらに増えたことになる。これに対して山﨑は「全部食べます」と発言していたが、どうなったのだろうか。この数に比べると、今年は少し物足りないかもしれない。

その他の球団を見ると、中日は杉山翔大の22個、阪神は矢野燿大コーチの11個が最多。山﨑の突出ぶりはすさまじい。

大谷翔平(当時・日本ハム)は24個。受け取れきれずに両手で持つことのできる限界数だった。これは球場外で受け取ったものなので、球団事務所に届いたものなどは加算されておらず、実数はわからない。

おすすめの記事