「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球選手も涙目?地獄の春季キャンプ

2018 1/28 11:02mono
女性,バット
このエントリーをはてなブックマークに追加

オリックス3選手による地獄のバント特訓

昨年(2017年)、メディアを賑わしたのはオリックス・福良淳一監督だった。キャンプ初日から期待の大砲候補でもある園部聡へ二軍降格を命じたのだ。これは、ケガではなく体重管理ができていなかった自己管理の甘さが原因だった。

このように福良監督の『怒りモード』でキャンプは始まった。次のターゲットとなったのは中盤にバント練習などで失敗が目立った小田裕也、武田健吾、宗佑磨ら3選手。激怒した福良監督は約3時間にわたる特別バント練習を命じている。キャンプ中だからこそできる、長時間にわたるバントの特訓。室内練習場でマシン相手に延々とバント練習を行ったようだ。余談ではあるが、地獄の特訓終了後には食堂が閉まっており、3選手は昼食抜きとなってしまった。

そのほかにも、キャンプ中の福良監督は度々怒りを爆発。のちに『鬼ってる? 仏ってる? 福良監督シリーズ』と題してグッズ化されたほどだ。地獄の特訓を課した鬼の福良監督だが、今年はどうなるだろうか。

西武外野陣が行った『板グラブ』特訓

2016年の春季キャンプにおいて西武の外野陣が行なったのは『板グラブ』による捕球特訓だった。板グラブとは、ほぼ手のひらと同じサイズで指を折り曲げることのできない特殊な形状のものだ。指を折り曲げることができない、すなわち、ボールを掴むことができないため、捕球してからすぐに利き手へボールを持ち替えなければならない。

一般的には、二遊間の選手が捕球から送球までの動きを速める為の練習で用いられる板グラブ。これを外野陣が行うことの意図も内野手と同様だ。ゴロの安打を捕球し、送球へ移る際の動作を素早くするための特訓なのである。

この特訓を受けシーズンに臨んだ秋山翔吾らは、この特訓の成果なのか2015年シーズンに15だった捕殺は2016年シーズンに21に増加している。

おすすめの記事