「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大谷選手に続いてメジャーリーグに羽ばたくのは?

2017 12/18 15:07mono
野球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

大谷選手がエンゼルスへ移籍決定

このオフ最大の関心事であったと言っても過言ではない、大谷翔平選手(日本ハム)のメジャーリーグ移籍。その所属先がロサンゼルス・エンゼルスに決まった。
大谷選手に続き、牧田和久選手(西武)がポスティング申請を発表した。涌井秀章選手(ロッテ)、平野佳寿選手(オリックス)ら海外FA宣言選手らにも動きは出てくるだろう。

全員が移籍を果たしメジャー契約を勝ち取ることができれば、2018年シーズンには4人の新たなメジャーリーガーが誕生することになる。そして、今後、彼らに誰が続くのかが注目となる。
様々な事情があり、メジャー挑戦を公言している選手、していない選手がいる中で誰が海を渡っていくのだろうか。

高校時代からメジャー指向の菊池雄星選手

大谷選手の先輩(花巻東高校)でもある菊池雄星選手(西武)。2009年のドラフトで6球団競合の末に西武へと入団するが、ドラフト前には紆余曲折があった。
菊池選手はメジャー指向もあり、ドラフト前にメジャーの球団とも面談を行ったのだ。結果として日本でプロ入りする前にメジャーリーグ挑戦をすることはなかったが、その思いが消えることはなかった。

西武に入団後の菊池選手は故障があり1年目から活躍とはいかなかったものの、徐々に成績を上げ、2016年には初の2桁勝利規定投球回を達成。2017年には16勝6敗、防御率1.97と好成績を残し、菅野智之選手(巨人)と沢村賞争いを演じるまでに成長した。
この活躍で球界ナンバーワン左腕に上り詰めたと言ってもいいだろう。ストレート、スライダーのコンビネーションで三振を奪う姿は圧巻だった。

海外FA権の取得は順調にいけば2020年となる。その前にポスティング申請を利用したメジャーリーグ移籍を目指すが、その時期はわからない。
本人の希望はもちろんだが、ポスティングは球団の権利だ。球団が『出せない』と判断したら申請は行われないだろう。まずは2018年に結果を残し、3年連続で戦力となることが第一条件だ。
今季は2位でクライマックスシリーズに出場を果たしたが、日本シリーズ出場はならなかった。来季、日本一を置き土産とし堂々とポスティング制度を利用してメジャーリーグ移籍を目指して欲しい。

おすすめの記事