「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大谷翔平が日本球界で打ち立てた記録を振り返る

2017 12/18 12:59Mimu
ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

20球団以上のオファーの中からエンゼルスに決定!

日本時間の12月9日、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平が、MLBロサンゼルス・エンゼルスに入団することが発表された。エンゼルスといえば、かつては長谷川滋利や松井秀喜、高橋尚成らが在籍していたチームだ。
現在でも、マイク・トラウトやアルバート・プホルスという、MLB屈指のスター選手が在籍している。日本ハム入団前からずっと抱いていたメジャーの夢の第一歩。20球団以上からオファーがくる大争奪戦を制し、エンゼルスが大谷を獲得した。

日本球界では、二刀流選手として投打両面で活躍した大谷。MLBでも二刀流で結果を残すことができるのだろうか。今回は大谷の活躍に期待を込め、彼がこれまで日本球界で残してきた記録を振り返っていこう。

本格的二刀流選手としてNPB初の2桁勝利2桁本塁打達成

大谷翔平といえば、やはり二刀流だ。過去にも二刀流と呼ばれた日本のプロ選手は存在したが、そのほとんどが50年代までのプロ野球(1リーグ時代も含む)選手であり、大谷ほど二刀流で結果を出した選手は他にいない。
それを象徴する記録が「2桁勝利2桁本塁打」だ。

大谷は2年目の2014年に、投手として11勝4敗 179奪三振 防御率2.61、野手として打率.274(212-58) 10本塁打 31打点を記録。NPB史上初の10勝と10本塁打を同時に達成した選手となった。
この記録は世界中のプロリーグでもほとんど例がない。アメリカで1918年にレッドソックス時代のベーブ・ルースが13勝・11本塁打、韓国でKBO創設年の1982年にヘテ・タイガース(現:起亜タイガース)の金城漢(キム・ソンハン)が10勝・13本塁打で達成したくらいであり、いずれもリーグ黎明期の話である。
ある程度リーグが成熟した現在で「2桁勝利2桁本塁打」を達成するのは非常に難しいのだ。それを成し遂げた大谷にオファーが集まるのは、ある意味当然といえよう。

おすすめの記事