「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017年、FA宣言しなかった選手は誰がいる?

2017 12/1 12:17mono
野球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の主砲・中田翔選手(日本ハム)

2017年シーズン中に国内FA権を獲得し、その去就が注目されていた中田翔選手(日本ハム)。第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では筒香嘉智選手(DeNA)とともに日本の主軸を任され6試合に出場。打率.238(21打数5安打)ながら、3本の本塁打を放ち準決勝進出へと貢献した。

シーズンでも活躍が期待されたものの不振が長引き、シーズン半ばには4番からはずれることもあった。また、7月にはプロ入り初の1番を経験するなどさまざまな方法を取ったが、調子は上がらない。打率.216(472打数102安打)、16本塁打、67打点と2011年のレギュラー定着以降で打撃三部門ともに、ワースト記録となってしまう。

この成績にふがいなさを感じたこともあり、FA権は行使せず残留の道を選んだ。チームは、ドラフトで同じポジションになることが予想される清宮幸太郎選手(早稲田実)の交渉権を獲得。2018年シーズンは、大型ルーキーとポジション争いを行うことになる。プロの先輩として負けるわけにはいかない。

・中田翔選手(日本ハム) (2017年)129試合/打率.216/16本/67打点

鉄腕セットアッパー・宮西尚生選手(日本ハム)

宮西尚生選手は、2007年大学生・社会人ドラフト3巡目で関西学院大学から北海道日本ハムファイターズへと入団する。入団以来、2017年まで10年連続50試合以上に登板する鉄腕ぶりを発揮。

2016年シーズンには、プロ野球史上ふたりめとなる通算200ホールドを達成しリーグを代表する中継ぎとなっている。第4回WBCにも日本代表メンバーとして名を連ね、4試合に登板し無失点と存在感を出した。

2017年シーズンは51試合に登板したものの、防御率3.32とルーキーイヤー以来となる防御率3点以上となった。FA宣言をすれば貴重な中継ぎ左腕として希少価値があったものの、残留を選択。2018年に33歳という年齢的にみても、生涯日本ハムを貫くこととなりそうだ。2年ぶりの日本一へ向けてブルペンの柱となる。

・宮西尚生選手(日本ハム) (2017年)51試合/4勝5敗25H/防御率3.32

おすすめの記事