「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【日本シリーズ総括】ベイスターズとホークスの明暗を分けたもの

2017 11/24 14:57Mimu
野球観戦
このエントリーをはてなブックマークに追加

第6戦も序盤はベイスターズの流れで進むんでいたが……

福岡に帰っての第6戦目も、ベイスターズの勢いは止まらない。この試合は2回に松田宣浩のホームランで先制されものの、その後DHに入った白崎浩之がレフトスタンド中段へ放り込み同点。シーズンは1本も打てなかった男が、ここに来て大きな仕事を果たした。
さらに倉本寿彦・桑原将志でチャンスを作ると、3番ホセ・ロペスが2点タイムリーで1-3。投げてはこの日先発の今永昇太が素晴らしいピッチングを見せ、松田のホームラン以降は得点を許さず、2点リードのまま試合は終盤へ向かった。
だが試合が後半になるにつれ、ホークスも徐々に流れを呼び戻していく。8回裏、先頭の長谷川勇也がツーベースを放ち、今永をマウンドから引きずり下ろすと、その後ランナーが3塁まで進み、柳田悠岐のピッチャーゴロで1点を追加。 2-3と1点差に詰め寄った。

さらに9回表には、守護神であるデニス・サファテが登板。気迫のピッチングで球場の雰囲気を変え、9回裏の攻撃につなぐ。そして9回裏、マウンドにはベイスターズ守護神の山崎康晃。先頭のアルフレド・デスパイネはショートゴロに倒れ、1アウト。
だが続く4番・内川聖一の打席であった。低めのツーシームを上手く拾うと、打球はそのままテラス席へ。土壇場で飛び出した同店ホームラン。この1打に球場のボルテージは一気に最高潮に。こうなると完全にホークスの流れだ。
10回表、11回表はサファテがそのまま続投、合計3イニングの熱闘を見せると、11回裏に川島慶三がライト前タイムリーヒットを放ち、サヨナラ勝利で日本一を決めた。

ベイスターズとホークスの差とは

もし第6戦をベイスターズが勝利し、3勝3敗で第7戦を迎えていたら、本当にどうなっていたかわからなかった。3連敗からの4連勝も、十分に考えられたかと思う。それくらい、ベイスターズの勢いは本物であった。
しかし、そういった勢いに飲み込まれないのもホークスの強さである。冒頭にも書いたように、力の差は歴然だ。中でも顕著だったのは「守備力」「中継ぎ陣」「控え選手」だったように思う。特に2戦目は、守備で落としてしまったといっても過言ではない。

2点リードの7回の裏だった。2番手の三上朋也が先頭の明石にツーベースを打たれ、代わった砂田毅樹も柳田にタイムリーを浴びてしまい、1点差に。なおも1・2塁のピンチが続く。打席には2番の今宮健太、ベイスターズはこの回だけで3人目となるスペンサー・パットン。
今宮は初球攻撃。セカンドの柴田竜拓がこれを好捕、そのまま倉本に送ってゲッツー完成、となるはずだった。なんと倉本がこの送球を落としてしまい同点。そして中村晃にライト前タイムリーヒットを打たれてしまい、4-3とホークスに逆転されてしまった。
倉本はその後の試合では良い動きをしていた。この試合がよほど悔しかったのだろう。3戦目は12球粘った末にヘッドスライディングでタイムリー内野安打も放っている。
第3戦以降の守備が年間を通してできれば、ホークスとの差は縮まるはずだ。今後の守備の向上に期待していきたい。

おすすめの記事